神前式の内容|日本古来の伝統ある挙式「神前式」で新たな人生を始めよう

日本古来の伝統ある挙式「神前式」で新たな人生を始めよう

抱き合う男女

神前式の内容

笑顔の男女

神前式の起源は明治33年に遡ります。
日比谷大神宮(今の東京大神宮)で大正天皇のご成婚の慶事としておこなわれたのが始まりだと言われています。
それ以来、日本ならではの挙式スタイルとして、今もなお存続しています。
神前式は神社や神殿でおこなわれ、結婚する男女だけではなく、その親族同士、つまり家ぐるみでのつながりを重要視しています。
こうした考えのもとにおこなわれているため、家同士の絆を固く結ぶための「三々九度の盃」や、男女の心を玉串に乗せて神に捧げる「玉串拝礼」など、チャペル式にはない特有の所作がたくさん出てきます。

また、「結婚式=花嫁の華やかなウエディングドレス姿」とイメージする人もいますが、神前式の衣装も負けてはいません。
花婿は五つ紋付羽織袴、花嫁は白無垢に身を包みます。
こうした和装も実に味があり、チャペル式とは違ったキレイさが漂います。
必ずしも神前式では和装でなければならないということもありませんが、神前式を選んでいる人はやはり日本ならではの文化に触れるために選んでいるので、自然とこうした和装を着ることがほとんどです。

これまで一般的におこなわれてきたチャペル式とは違う部分も多く、戸惑うこともあると思います。
しかし、場所、衣装、一連の流れなど、あらゆる点において日本ならではの体験をすることができますので、間違うことを恐れずに1度きりの記念すべき日を楽しみましょう。